< 元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog) 元気が出るブログバナー ★メガネなしで視力を回復する方法★品質価格効能♪三拍子揃った玄米培養冬虫夏草で元気を手に入れて!
元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog)

トップページロハス 環境問題花粉症大丈夫ですか? 花粉症シーズン到来

ロハス 環境問題

花粉症大丈夫ですか? 花粉症シーズン到来

花粉症対策出来ていますか。
今年もまた、あのいやな花粉シー寸が到来しました。
春が来て暖かくなるのはうれしいけれども、
あの、クシュン、クシュンという花粉症状はいやですね。

2008年の全国花粉飛散予想では、
去年より飛散量が多くなるといっています。

飛散開始は、「2007年と同じか遅め」
花粉の飛散開始は、
11月〜2月の気温の変化によって左右されます。

スギの雄花は、前年の夏が猛暑だと多く作られ、
冷夏だと少なくなります。

2月、気温が高めで、春の訪れが早くなると予想されています。
現在、微量ではありますが花粉の飛散も確認されているため、
2月の暖かさで一気に飛散すると思われます。
そろそろ敏感な方は要注意!

日本で花粉症といえば、スギ花粉によるものがほとんどです。
スギ花粉に何度もさらされていると、
IgE抗体というものが体内でつくられる。

それが肥満細胞に結合すると、
ヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンA2などが発生し、
それが鼻や喉、目などの粘膜や、血管に働きかけて、
花粉症の諸症状を起こします。

環境省では、大気汚染と花粉症の相互作用を研究した結果、
動物実験では、モルモットに実際の環境中濃度より高濃度の
ディーゼル排気(DE)を暴露した場合、
しゃみ、鼻水、結膜の炎症などがひどくなりました。

厚生労働省・林野庁・環境省が連携して
スギ花粉症に関する情報提供の充実に努めるとしています。
また、相談窓口が儲けてあります。

今年の花粉飛散量は、昨年春に比べて、東日本では1.5倍〜3倍と予測され、
スギの飛散開始日は例年より5〜10日程度早く、
しかもすぐにピーク時期を迎え、飛散期間も昨年より
長くなると予想されています。

            ---------------------------------------------

花粉症の症状をやわらげる対策はないだろうか。
到来した花粉症シーズンはわかったけれども、
では、花粉症対策はどうしたものだろう!

このアレルギーは私たちの免疫に関して起こる反応です。

通常体内には異物が入り邪魔なものと判断すると
体外に出してしまおうとする能力が備わっています。
花粉症では異物【抗原】にあたるのが花粉で、
異物を追い出そうと作られる物質が【抗体】(免疫ブログリンIgE)となります。


花粉症の予防

1 花粉の除去と回避
  花粉予防には、できるだけ花粉を避けることが大切です。
  日常生活で以下の点に注意しましょう。

  花粉情報に注意する。
花粉の飛散が多い時の外出を控える。
花粉の飛散が多い時は、窓や戸を閉めておく。
花粉の飛散が多い時は、外出時にマスクやメガネを着用する。
外出時、毛織物など、花粉が付き易い上着は避ける。
帰宅時、玄関口で衣服や髪についた花粉をよく振り払い室内に入る。
外出後直ちに、洗顔やうがいをし、鼻をかむ。室内の掃除をまめに行う。


2 早期の治療

「鼻のムズムズ感」「目のかゆみ」など、
花粉症を疑われる症状がでたら、早めに医療機関を受診しましょう。
早期治療を行うことで、花粉による炎症反応を抑え、
発症や重症化を予防するとともに、
花粉症の各種症状による日常生活の支障や不快感等を軽減することができます。 

昨年は、NHKが蕗を食べると症状を押さえるいって蕗を紹介していました。
近年、いろいろといいものが出回っているみたいです。
サントリーがサンテン茶を、ユニクロが花粉対策ウエア、
そのほか、植物性乳酸菌ブリビオ、花粉ガード網戸、
花粉ハーブ、L−92株乳酸菌等。

いずれにしても、花粉症は、先ず予防をして、
かかったら、症状をそれ以上出さないように
いろいろ対策を考えましょう。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
★はじめまして★
管理人のはっつーです。
よろしくお願い申し上げます。
ニックネームを
”はっつー”にしました。
相互リンクのご案内
アクセス有難うございます。 相互リンクお申し込みは
コチラからお願いします☆
相互リンクご紹介(1)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。 ★表示は、コチラからお願いします★
相互リンクご紹介(2)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。
★表示はコチラからお願いします。
ご感想・質問フォーム
ご感想・ご質問は☆ココ☆クリック

メールフォームのフォームズ

DeadLink.tv
Recent TrackBacks