< 元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog) 元気が出るブログバナー ★メガネなしで視力を回復する方法★品質価格効能♪三拍子揃った玄米培養冬虫夏草で元気を手に入れて!
元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog)

トップページ保健 健康「タバココントロール」が喫煙の害研究発表

保健 健康

「タバココントロール」が喫煙の害研究発表
      (元気が出るブログ@元気が出るノウハウ)

誰でも喫煙が健康にとって良くないという事を知っています。
タバココントロールが成功すれば、
社会の健康人口は増え、元気が出てくることだとおもいます。
多くの人々は喫煙が社会にも余計な出費を強いている事を知りません。

喫煙者の、高い健康管理費は、
アメリカ合衆国内全ての健康管理費の、
約8%を占めてめているだけでなく、

その生産性の損失から、
より大きな経済的負担をかけている事が
明らかになっています。

しかし、この影響力は、計測が難しいものです。

「タバココントロール」が発表した新しい研究では、
喫煙に関係する病気のために、
ミスした仕事がどれだけ存在するか調査しました。

スウェーデンに拠点を置く「タバココントロール」研究者達は、
様々な職業の14000人以上を対象として、
彼らの喫煙習慣と年間の病欠日数について
アンケートをとりました。

その結果を、失われた勤務日についての情報を収集している
国家登録データと比較しています。

「タバココントロール」での最初の分析によると、
喫煙者は非喫煙者より、
年間の平均病欠日数が10.7日以上多い事を示しました。

この数字は、喫煙者は非喫煙者に比べ、
病欠日数を53.5%増加させている事になります。

元喫煙者(現在は喫煙していない)は、
平均年間3日、割合にして15%の増加でした。

データは再分析され、
仕事場状況(騒音、ストレス、反復的な運動、生物工学、重量物のリフティング)と
健康変数(自己申告健康状況、活動制限、アクシデント、慢性疾患)を
考慮し調整しました。

以上を考慮した場合、平均病欠日数の増加は7.67日にとどまりましたが、
依然として多い数字です。


「本論文の結果は、
喫煙と病欠に関する最も有力な証拠のいくつかを提示しています。

この結果は喫煙を減らしたり禁止したりする事が、
病欠休暇を半減させる可能性を示唆します」

と、「タバココントロール」研究者達は述べています。

    引用:寿命200歳まで生きる!!
      (100歳未満の若者たちに、健康で美しくあり続けるための長生きの秘訣)
            http://www.melma.com/backnumber_133719_3682519/
-------------------------------

チマの感想:喫煙の害については、いろいろ言われていますが、
病気欠勤の角度から研究発表がされたのは、
大変珍しく貴重なデーターだと思います。

こうしてみると、喫煙は、個人の問題でなく、
社会的な問題としてタバココントロールする理由付けにもなりますね。

また、喫煙は、タバコを吸う人本人だけでなく、
喫煙する人の周りにいる人の方が余計に害を受けている、
という報告も出ています。
(1ヶ月ほど前に、NHKラジオ保健体育高校講座で講義しておられました)

これは、環境汚染の問題でもあります。
環境汚染は、私たちの元気が出る芽を阻害しています。

この記事を提供されている「寿命200歳まで生きる!!」の解説もふるっています。
100歳未満の若者たちに……。とても楽しくなりますね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは、若者たち! きょうも元気で、明るくいきましょう!!

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
★はじめまして★
管理人のはっつーです。
よろしくお願い申し上げます。
ニックネームを
”はっつー”にしました。
相互リンクのご案内
アクセス有難うございます。 相互リンクお申し込みは
コチラからお願いします☆
相互リンクご紹介(1)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。 ★表示は、コチラからお願いします★
相互リンクご紹介(2)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。
★表示はコチラからお願いします。
ご感想・質問フォーム
ご感想・ご質問は☆ココ☆クリック

メールフォームのフォームズ

DeadLink.tv
Recent TrackBacks