< 元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog) 元気が出るブログバナー ★メガネなしで視力を回復する方法★品質価格効能♪三拍子揃った玄米培養冬虫夏草で元気を手に入れて!
元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog)

トップページ社会問題がん克服新10カ年戦略スタート

社会問題

がん克服新10カ年戦略スタート


がん克服新10カ年戦略」のスタート 


きょうは、元気の敵、病気の癌についての記事を載せてみます。

「健康づくり情報」サイトより
”がん”▽がん克服新10カ年戦略について記載します。

◆「がん克服新10カ年戦略」のスタートまでの経移

日本人の死亡原因のトップを占めるがん。
昭和56年に死因の第1位に踊り出て以来、
それまでトップだった脳血管疾患が
減少傾向にあるのと対照的に増加を続けている。

「対がん10カ年戦略」など国の本格的な取り組みもあって、
治療成績も次第に向上しているものの、
4人に1人以上ががんで死亡しているのも事実だ。

対がん10カ年戦略が終わったのを受けて、
今年度から「がん克服新10カ年戦略」がスタートすることとなった。

がんの治療法や診断法、
そして予防の研究はどこまで進んでいるのかを探ってみた。


▽増加し続ける死亡者数

 厚生省の人口動態統計を見ると、
がんによる死亡者数が増えているのがよく分かる。

平成4年の死因別死亡者数は、
がんが23万1,700人余り(人口10万人当たりの死亡率187.7)
で最も多く、続いて心臓病が約17万5,300人(同142.0)、
脳血管疾患が約11万7,900人(同95.5)の順番になっている。

平成4年1年間の全死亡者数はざっと85万5,000人だったので、
27%ががんで亡くなった勘定だ。

がんによる死亡者の割合は、昭和10年にはわずか4.3%、
30年には11.2%、40年には15.2%だったことを考えると、
いかにがんによる死亡者数が増えているかが分かる。

 臓器別の死亡者数で見てみよう。
平成4年のデータだと、
男性では胃がんの3万485人が最も多く、
続いて肺がんの29,208人、
肝臓がんの19,555人、
大腸がんの14,867人の順番だ。

一方、女性では胃がんが17,526人と一番多く、
次いで大腸がんの12,408人、
肺がんの10,938人と続いている。

 このうち、男性では肺がん、肝臓がん、大腸がんが増加しているのに対し、
胃がんは減少している。
厚生省統計情報部によると、
平成5年1〜8月には、肺がんの死亡者数が胃がんの死亡者数を上回り、
年間を通じても、肺がんが上回る可能性が高くなっている。

女性ではやはり大腸がん、肺がんが増えているのに対して、
胃がんや子宮がんは減少か、横ばい傾向が続いている。
 
増加しているがんについて、その理由を探ってみよう。

増加の著しい肺がんのケースは、喫煙が挙げられる。
「喫煙開始から肺がんになるまで、22〜23年かかるので、
昭和50年代に最高に達した喫煙率の影響が、
今後も当分残る」と指摘する研究者もいる。

 大腸がんの増加は脂肪摂取量の増加や運動不足、
さらには食物繊維の摂取量の不足−などが理由だ。
一方、胃がんの減少は、
発症に関係するとされる食塩の摂取量が減ったうえ、
集団検診が進んで早期発見が可能となり、
治療成績が向上したことが大きく寄与しているといわれている。




がん克服新10カ年戦略スタート

 対がん10カ年戦略がスタートしたのが昭和58年。
この10年で
,んは複数の遺伝子の変異が積み重なって起こる慢性病
△ん遺伝子やがん抑制遺伝子など、がんにかかわる多くの遺伝子が見つかった
4超中の発がん物質の発見や、がんに関与するウイルスの存在が明らかになった−などの成果が上がっている。
 
今年度からスタートする「がん克服新10カ年戦略」では、
従来の基礎研究の充実と併せて、その成果の臨床への応用を目指すとともに、
国立がんセンターを中核としたがん診療情報ネットワークを整備して、
がんの研究や診療に関する情報交換を行っていくことになっている。

それにかける研究者の期待は大きい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ###
 コラム
 ###

特進プロジェクトキャンペーンがありましたので、
このサイトが当分、アフィリエイトのスペースとなって
ご不審に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

稼ぐことも元気の根幹であると思えば、
コンテンツマッチに矛盾するものではないと
ご理解いただけるものと思います。

お蔭様で、私も正式なアフィリエイトで、
初めて成果をあげさせていただきました。
本当にありがとうございました。

これは、「日給8万円マニュアル稼ぐ仕組み」を実践したものです。

今後の方針といたしましては、
この「元気が出る」サイトを、
自分も成長しながら、
ユーザーの方にもメリットがあるような
サイトに育てて生きたいと思います。

また特進プロジェクトを一生懸命に実践して、
アドセンスの方で成果を挙げたいと思っております。


応援をよろしくお願いいたします。

お気づきの点や、ご希望などございましたら、
何でもご遠慮なくご連絡くださいますよう
o_kame.aun@apost.plala.or.jp
件名を「ユーザー連絡」と入れてください
(メールが沢山のため、未開になるおそれがありますので)
よろしくお願い申し上げます。


それでは、次にお会いできるのを楽しみにしております。

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
★はじめまして★
管理人のはっつーです。
よろしくお願い申し上げます。
ニックネームを
”はっつー”にしました。
相互リンクのご案内
アクセス有難うございます。 相互リンクお申し込みは
コチラからお願いします☆
相互リンクご紹介(1)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。 ★表示は、コチラからお願いします★
相互リンクご紹介(2)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。
★表示はコチラからお願いします。
ご感想・質問フォーム
ご感想・ご質問は☆ココ☆クリック

メールフォームのフォームズ

DeadLink.tv
Recent TrackBacks