< 元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog) 元気が出るブログバナー ★メガネなしで視力を回復する方法★品質価格効能♪三拍子揃った玄米培養冬虫夏草で元気を手に入れて!
元気が出るブログ@元気が出るノウハウ【100歳でも現役】-ブログ(Blog)

トップページ趣味とスポーツ須藤元気さんのプロフィール

趣味とスポーツ

 須藤元気さんのプロフィール

元気が出る須藤元気・(すどう・げんき)1978年3月8日、東京・江東区生まれ。
28歳。子どものころの夢は「世界一強い男になる」「自衛隊」。
関東一高、拓殖短大でレスリングに打ち込み、
卒業後の98年に渡米。
 
 世界のトップファイターが集うビバリーヒルズ柔術クラブに入門し、
総合格闘家としての基礎を築く。
帰国後の99年8月、逆輸入ファイターとしてプロデビュー。
パンクラス、K―1、UFC、HERO’Sなどに参戦。
175センチ、73キロ。家族は両親と姉。 [スポーツ報知より]

須藤元気さんの格闘技経歴
格闘技のベースは関東第一高等学校時代に
始めたレスリンググレコローマンスタイル。

レスリングでは全国高校大会3位、
1996年全日本ジュニアオリンピック優勝の実績を挙げている。

 短大を卒業すると渡米して、バス・ルッテンの
ビバリーヒルズ柔術クラブ(L.A)に所属し、
アメリカの格闘技大会に出場して経験を積む。

 帰国後はパンクラスを主戦場として、
この頃より凝りに凝った入場と格闘技の試合に
プロレス技を繰り出すことで格闘技ファンの注目を集めた。

 パンクラスでは菊田早苗らともに格闘家チームGRABAKAの
立ち上げメンバーとなるが、活動の範囲をさらに広げるべく再渡米。


須藤さんのエッセイ集
「風の谷のあの人と結婚する方法」(ベースボールマガジン社出版 1260円)
 
 格闘家の須藤元気さん(28)=ビバリーヒルズ柔術クラブ=が、
自身2冊目となるエッセー「風の谷のあの人と結婚する方法」を出版した。

 学び、人間関係、時間、などのテーマで、
人がより幸せに生きるヒントがつづられている。
幅広く活躍する異色ファイターは
「ありのままの自分」で生きることが大切であるという。

「教えることは最大の学びである」
「人生、死なない程度に失敗しておいた方がいい」

180ページからある本の中では、
生活の中に潜む須藤元気流人生のヒントがちりばめられている。
そうとは知らない人が読めば、
途中までは著者が格闘家とは分からないだろう。

 私は、これは、すごいことだと思う。
本当に死ぬほどの体験をした人だけが会得した人生の秘儀だと思う。
そこまでの体験をしたら、どこまでが生きていける範囲であるかを
自覚することが出来るので、強い生き方をすることが出来るはずだ。

「格闘技の話ばかりにはしたくなかった。
格闘技は、あくまで自分を高めるためのツールの一つ。
自分のフィールドという意識もないんです」という。

その他の幅広い活動
 映画出演やCDリリース、執筆活動…事実、
活動の場はリングから大きくはみ出している。

 趣味は読書。専門分野ばかりだと
「マクロ的見方ができなくなる」と。
様々な分野の本を「多いときは月20、30冊」読んできたそうだ。

 肩書は、すでに格闘家を離れているようだ。
「世間的な見方があるので、便宜的に使ってるだけ。
そういえば格闘技やってたねって言われればいいかな」と、
あっさり答える。「練習もあまりやらない。試合前だけですよ」

 「心のコントロールについて」というテーマでは
「太陽にさえ黒点というしみがあります。
しかし、それを太陽は悲しんでいないはず」と書いた。
その心は「ありのままの自分が一番」というところにある。

 かつては勝利や試合内容、コメントなどに、
いちいちこだわる“エゴの時代”もあった。
その結果「どんどん苦しくなった。
自分をつくって生きることが、
どれだけ不幸せか」に気づいたという。

 夢は「世界平和」。
2001年、交通事故で負傷し、リングから遠ざかったことや、
同年に起きた同時多発テロも転機になった。

 本書で「私はあなた、あなたは私」と記した裏側には
「“僕”ではなく“僕たち”がうまくいくことを考えた方が、
物事はうまくいく」という。
IからWeへの、発想の転換があったと言う。

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
 
★はじめまして★
管理人のはっつーです。
よろしくお願い申し上げます。
ニックネームを
”はっつー”にしました。
相互リンクのご案内
アクセス有難うございます。 相互リンクお申し込みは
コチラからお願いします☆
相互リンクご紹介(1)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。 ★表示は、コチラからお願いします★
相互リンクご紹介(2)
相互リンクの方々をご紹介します。
私同様によろしくお願いいたします。
★表示はコチラからお願いします。
ご感想・質問フォーム
ご感想・ご質問は☆ココ☆クリック

メールフォームのフォームズ

DeadLink.tv
Recent TrackBacks